株式会社 戸高製作所

TODAKA official blog ブログ かーてーて(かーてーては、大分弁で参加させてという意味です。)

2024.03.25 船舶事業部

コミュニケーショントレーニング受講レポート④ 最終話

5ステップ・トレーニング(コミュニケーションセミナー)第6回(全6回)最終

セミナーに参加させていただきありがとうございました。全6回を無事に修了しました。

 

【まとめ】

5ステップ・トレーニングを受講して、コミュニケーションにおいて「質問」が重要であることを知ることができた。

私自身が、コミュニケーションに苦手意識を持っており、これを改善したくてこのトレーニングを受講させていただいた。

このトレーニングの中で、「質問」という言葉が多く出てくると感じ、もしかすると、コミュニケーションが苦手な原因は「質問」が上手くできていないからではないかと気が付くことができた。

 

クエスチョンコードという3つのコードを知り、それらを組み合わせることで容易に質問の形をつくることが出来るとわかり、これであれば自分でも使いこなせると思い、日常生活でも意識して使うように心がけようと思った。

特に、If(もし)は、イメージを膨らませて会話を行うことが出来るので、積極的に使えるように心がけたい。

また、アクションリストでは、学んだことのアウトプットの手段の一つとして継続しておこなうことが出来た。学んだことを意識してアウトプットすること、そしてそれを継続して行うことから習慣化することが大切であるとわかった。

 

毎回の終わりに提出する振り返りシートで、質問をすることに苦手意識を持っていることをトレーナーへ質問したところ、質問の仕方を「自分だったらこうしようと思う」といった、自分の意見を合わせて質問すればよいと教えていただいた。自分の理解度の確認にもなるので、実践してみたいと思った。

また、他人だけではなく、自分自身に対しての質問「セルフクエスチョン」を行うことが質問力をつけるためのトレーニング方法であることを学ぶことが出来た。

常日頃から、自分の周りのことにアンテナを立て、疑問に思うところを探すことを習慣づけたいと思う。

そして、相手との会話において、話している内容についての質問をすることで、話題を広げたり、話を深堀したりすることができることに気づくことができたことは得るものが大きかったと思う。

 

 

記 : 船舶事業部 A・K

 

【先輩のOより一言】

半年間のセミナー全行程終了お疲れ様でした。

自分で苦手と分かっていても何もしない人が多い中、自ら手を挙げて苦手な分野を何とかしたいという気持ちがよく伝わってきました。

この半年間でどんどん良くなっていったと感じています。学んだことを少しずつ取り込みながら、少しずつ生かしていってください。

ミニサボテンも、やがて驚きをもって見上げられ、桜の若木もやがて心に潤いをもたらすでしょう。感動をありがとうございました。

 

記 : 先輩 O・S おいどんも行こうかなぁ・・・。

投稿者:船舶事業部 T・H